原曲とカバー曲

たまに論争を見るんです。

どっちが上か、みたいな。

これって、親と子の関係やと思うんですよね。

親がいなければ子はいない。

原曲がなければカバー曲は無いです。

それは事実です。

ただそれだけ。

事実と感情が喧嘩すると、話がややこしくなるんですよね。

どっちが好きか、は決められます。

どっちがいいか、は決められない。

ベクトルが違う。(書きました。「ベクトル」)

好きかどうかは、自分が作るベクトルですから。

自分にとって、いいかどうか、ですから。

もし、その曲がもつ価値を数字で絶対数で表すことが仮にできるなら、後者も決められます。

でも音楽の神様みたいな超越者にしか、そんなんわからんと思うんですよね。

で、音楽の神様も、そんな無粋なことせんような気もします。

どっちもええやんか。

って言いそう。笑

僕は趣味でバンドをやってたので、周りにもバンド好きが多かったんですが、よう喧嘩なったんですよね。

あっちの方が歌うまい、こっちの方がギターのパートがかっこいい、とかね。笑

それはそれで楽しかったですけど。笑

みんな色眼鏡かかりますから。

最後はX JAPANが出てきて話終わらせてましたね。笑

Xならしゃーない、みたいな。笑

あまりにも優れているとされる名曲は、カバーしても原曲を超えられないと言われていたりします。

恐れ多くてカバーできない、という心理も働きます。

でも逆に、多くのアーティストにカバーされている曲は、それだけで名曲の証と言うこともできますね。

めちゃめちゃカッコいいカバー曲も、たくさんあります。

坂本龍馬、有名ですよね。(書きました。「お前は龍馬になれ」)

坂本龍馬を知っている人のうち、坂本龍馬のお父さんを知っている人って、どれくらいの割合でしょうか。

坂本龍馬があまりにも有名過ぎて、よしんば父上が、その道の方には有名だとしても、かなり低い割合になると勝手に推察します。

ちなみに僕は昨日ググって知りました。笑

「坂本龍馬の方が上やし!」「いやいや、お父ちゃんの方が上やから!」みたいな人いますか。

いないと思います。

いや。

いますね。笑

鳶(とび、とんび)が鷹を生む、なんて言うこともありますね。笑

蛙の子は蛙、とも言いますか。笑

そうですか。笑

真空チャンバー・溶接・機械加工のご依頼はステンレスジョイント株式会社へ。

ステンレスへの愛が止まらない方はtodoroへ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事