現実の味

現実の味は苦いですね。

とても苦い。

でも慣れれば癖になる。笑

ピーマン、ゴーヤ、コーヒー、ビール、うるか(鮎の内臓の塩漬け)。

苦味が無ければ美味しくない。

ただし、誰にとっても美味しいものでもないです。

しかも、苦ければ良い、というわけでもないです。

苦味、というのは本能的には毒だそうです。

やから、知らないうちは回避しようとするんですね。

そこを、知識で制御しながら嗜好として好きになっていくわけです。

うるかで日本酒。

最高ですよ。笑

そういえば。

現実の味は辛くもあります。

辛いは、つらいとも読みますね。

辛いものは酒が進みます。笑

蓼(たで)食う虫も好き好き。

甘いもんでは飲めませんわ。

でも、ずーっと苦いのばっかりやと、さすがに嫌になりますよね。

たまには甘いもん、美味しいですよね。

人生と同じ。

ずっと甘いのがいいって?

虫歯なりまっせ。笑

真空チャンバー・溶接・機械加工のご依頼はステンレスジョイント株式会社へ。

ステンレスへの愛が止まらない方はtodoroへ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事