ものづくりに愛を。Love for Manufacture.

カテゴリー:ほん books

ウンチのうんちく

閲覧注意。うんちの話と性の話です。あ。もう遅いか。笑2016年に読みました。左巻健男さんの本です。うろ覚えですけど、日経のオススメコーナーに載ってたような。違ったら、…

詳細を見る

お母さんの「敏感期」

相良敦子さんによる、イタリアの教育学者マリア・モンテッソーリの幼児教育について書かれた本です。なんや、お父ちゃんは関係ないんかい、という人もちょっと待ってください。相良さんから配慮の言葉が、ちゃんと書いてあります。…

詳細を見る

潮騒

いつ読んだか忘れました。少なくとも2014年以前です。三島由紀夫さんの本は、変幻自在というか、読む本ごとに同じ著者とは思えない読み心地があります。なんかの本で本人書かれてましたけど、タッチというか、そういう…

詳細を見る

さまよう刃

東野圭吾さんの名作ですね。おそらく読んだの2009年やったと思います。東野さんの作品は学生のときにハマって、図書館4軒ハシゴして、片っ端から読んだんです。(書きました。「How to win friends and…

詳細を見る

マネジメントへの挑戦 復刻版

市倉定さんですね。2020年に読みました。前職で働いていた当時課長だった元上司に勧められたんです。ちなみに、その元上司は女性ですが、その時の気分や発言者の力関係で物事の判断をしない方で、常に、理論として何が…

詳細を見る

失はれる物語

乙一さんの本ですね。読んだのは少なくとも2014年以前です。短編集ですが、どれもすごいです。とくにタイトルの、失はれる物語ですね。自分が知っている小説というものは、こういうものではな…

詳細を見る

いま、島で

2020年に読みました。灰谷健次郎さんが1984年に書かれた本ですね。たまたま実家の本棚にあって、いつの間にか子供用の絵本と一緒に我が家にやってきてたみたいです。そのうち灰谷健次郎さんは読もうと思っていたの…

詳細を見る

How to win friends and influence people

言わずと知れた超有名な本で、1936年にデール・カーネギーさんによって書かれた本ですね。時代を超えて世界中で読まれています。邦題では「人を動かす」と訳されています。読んでみると、このタイトルはちょっとどうかなと思う…

詳細を見る

Todoro

Stainlessjoint

https://www.stainlessjoint.jp

アーカイブ archives