ものづくりに愛を。Love for Manufacture.

タグ:僭越至極 too presumptuous

いのちの話

閲覧注意。死についての話があります。(書きました。「生き方は死に方」)自然に生活することってすごく大事やと思うんですよね。自然界には存在しないと思しきステンレスの金属加工屋をやっていてあれなんですけど。笑…

詳細を見る

リベンチャー

造語です。ベンチャー企業としての設立ではなく、既存の事業をベンチャー化する。大学の時の専攻が、ベンチャーとか、第二創業とか、革新性でした。特に革新性の構築というのは卒論のテーマでもあり、僕のライフワークでも…

詳細を見る

生き方は死に方

陰と陽。プラスとマイナス。福(幸)と禍(不幸)。生と死。光と闇。出会いと別れ。長調と短調。食べ方と出し方。笑(書きました。「ウンチのうんちく」)まあなんでもええんです…

詳細を見る

荒唐文化論

文化の話です。自分なりの文化論もどきです。高等ではなく荒唐。笑好きなように書き殴った気まぐれの戯れ言です。僕、文化という概念がすごく好きなんです。一口に文化といっても様々。宗…

詳細を見る

電子版三種の神器

2018年11月に、すんごく僭越ながら商工会議所さんのイベントの壇上でお話させて頂きました。尼崎・東大阪・大津の3商工会議所連携で行われている異業種イノベーション大交流会というイベントで、弊社が尼崎代表として事例発表をさせて頂きま…

詳細を見る

巨星

巨星落つ。という表現をすることがあります。偉大な人が亡くなることを意味しますが、科学者や文学者はさておき、安易にこの表現が使われているようにも思えますが、自分と接点の無い人は巨星かどうかも理解することはできません。…

詳細を見る

桜咲く

桜咲く木屑の染めし春の色映る水面に咲くる花なし・訳的なもの桜が咲いている。木屑で染めた(布は)春の色をしている。(布を洗う水の)水面には、もう花は映っていない。…

詳細を見る

町工場のウェブサイト

何回も書いてるんですが、僕町工場好きなんですよね。自分とこも町工場ですけど、自分とこ以外も好きです。まあ、縁ですよね。運命というか。(書きました。「案因運縁恩(あんいんうんえんおん)」)町工場に潰れ…

詳細を見る

腐らず驕らず

一応閲覧注意。またなんか最後に糞って書いちゃいました。笑ちょっとだけなんですけど。笑人間万事塞翁が馬。禍福は糾(あざな)える縄の如し。災い転じて福と為す。同じ意味の言葉がたく…

詳細を見る

文圧(ぶんあつ)

造語です。本が好きです。本が好き、というか、もはや文字が好きなんやと思います。ちなみに文章という意味だけでなく、文字そのものの意匠も好きです。媒体としての機能という意味でも好きです。…

詳細を見る

Todoro

Stainlessjoint

https://www.stainlessjoint.jp

アーカイブ archives