桜咲く

桜咲く

木屑の染めし

春の色

映る水面に

咲くる花なし

・訳的なもの

桜が咲いている。

木屑で染めた(布は)春の色をしている。

(布を洗う水の)水面には、もう花は映っていない。

・解釈的なもの

努力が報われ、進路が開いたみなさん、おめでとうございます。

思い通りにいかなかった方も、お疲れ様でした。

試験は無情です。

外部からの四捨五入という評価を受けて、ゼロという結果を突きつけられることもあります。

桜は、とても絢爛な花を咲かせますが、植物の美しさは花が咲く咲かないに全く関係がありません。

咲く花で人間に対しての人気の大小は変わりますが、そんなことは花自身にとって、まったくどうでもいいことです。

尊重すべきは、見た目や結果や外からの評価だけではなく、その存在そのものです。(書きました。「外見と中身」)

桜の木屑で染められた染め物は、まるでその花びらのごとく、麗らかな春の景色のような優しく美しい色をしています。

布が染まって洗い上がる頃には、もう花は散ってしまい、その水面に映っていないかもしれません。

その布が花を見ることは叶わないかもしれませんが、苦労して染めた染め物は散ることなく手元に残ります。

自分が結果と思っていることは、まだ過程のうちなんではないでしょうか。

必ず道は開ける。

僕はそう信じています。

真空チャンバー・溶接・機械加工のご依頼はステンレスジョイント株式会社へ。

金属製の変なアイテムはtodoroへ。

こんなもんフォローしたらあきまへん。 Don't follow me on twitter.

おすすめしない記事 Not Recommended