ものづくりに愛を。Love for Manufacture.

知れば知るほど知らざるを知る

知ることって、終わりがないと思うんです。

学んでいる量は僅かでも、ゼロではないと思うんです。(書きました。「学問は体育館に糸を垂らすようなもの」)

0と1の差はとんでもない大差です。

学ぶことによって、ああ自分はこれを知らなかったのか、と知ることができると思うんですよね。

無知の知とはソクラテスの言葉ですが、よく言うたもんやなと思います。

ガリレオは、何人たりとも何かを人に教えることはできない、相手が学ぶための手助けをすることしかできないと言いました。

教えてるのではなくて、学ばせてるんですよね。

耳を塞ぐ、心を閉ざすのは、聞いてる側の自由ですから。

その証拠に、会社の朝礼の僕の話、後から聞いたら誰も覚えてないんですよ。笑

よっぽど、おもんないんやろなあ。笑

つまらん話は記憶に残らないです。笑

自分は、1冊本を読むと、3冊くらいまた新しく読まないといけなくなる感じがするんですよ。

樹形図みたいに広がっていくからキリがない。

知識欲ゆうんですかね。

麻薬みたいなもんです。

時間の制約もあるから、その分、焦燥にも変わります。

ターザンというディズニーの映画があります。

主人公はジャングルで育ったため、人間としての言葉は、わかりません。

大きくなってから人間の女性と出会うことで、人間としての知識欲に目覚めるんです。

ターザンが歌い出すんですが、歌詞に、知りたい、という言葉が出てきます。

その感覚なんですよね。

知りたい。

もっともっと知りたいんです。

世界で起こってることとか。

話をしている相手が何を考えているのか。

どんな教育が子供にとっていい教育なのか。

いい仕事ってどんなものか。(書きました。「いい仕事」)

いい会社ってどんなものか。(書きました。「いい会社」)

いい社会とは。

いい国とは。

いいものづくりとは。(書きました。「ものづくりの神様」)

幸せとは何なのか。

どうすれば平和になるのか。

文化が混ざると何が起こるのか。

自分には何ができるのか。

自分のデザインしたものは、世界で通用するのか。

知りたいし、試してみたい。

笑われることもあるんですけど。笑

バカにされても、やってみたいんですよね。

アホなんでしょうねえ。笑

真空チャンバー・溶接・機械加工のご依頼はステンレスジョイント株式会社へ。

金属製の変なアイテムはtodoroへ。

関連記事

Todoro

Stainlessjoint

https://www.stainlessjoint.jp

アーカイブ archives