看護師ですから

いや。

僕ちゃいますよ。

僕は看護師ちゃいます。

しがない町工場のおっさんです。笑

こんなことがあったんです。

下の子が生まれる前の話です。

嫁はんと娘の3人で、ショッピングモールに買い物に行ったんです。

百貨店の催事会場で、季節もののセールをやっていました。

何気なく服を見ていたんです。

そしたら急に僕の2メートル先にいた30代くらいの女性が、倒れ込んだんです。

すごく苦しそうで、意識も薄れているように見えました。

連れの男性がすぐに気付いて、声をかけますが反応はなく、体は痙攣しています。

すぐ店員さんが飛んできました。

心臓マッサージをしようと準備している時でした。

1人の50歳くらいの女性が来て、私がやります、と言うんです。

店員さんが、大丈夫です、と、こちらでやりますので、と言ったんですね。

その後でした。

はっきりと言わはったんです。

わたしがやります。

看護師ですから。

って。

力強い口調でした。

自分が心臓マッサージをして、その甲斐なく仮にその方が亡くなっても、まったく後悔の無いであろう声でした。

むしろ今自分が動かなければ後悔する、という感じでした。

その一言で、その看護師さんが後を引き継ぎました。

これは憶測なんですが、おそらく命が消える瞬間を見てきた目って、こんな目なんやろな、と思いました。

僕、自分の子供の出産の時、2回とも立ち会ってるんですが、助産師さんも同じ目をしていました。

言わはることは厳しいんですけど、優しさというか愛があるんです。

誇りがある。

でもそこに、悲しさを乗り越えたような感じがあるんです。

現実の厳しさを身をもって知っている。(書きました。「現実の味」)

修羅場をくぐった人にだけわかる世界が、たぶんそこにあるんやと思います。

僕はすぐに119番したんです。

自分にできるのはそれくらいしかない。

なんですが。

自分でもびっくりしたんですけど。

間違えて110番してたんです。笑

いや、ホンマ笑い事ではないです。

人間テンパるとホンマにだめです。

おかんの付き添いで救急車は乗ったことあったんですが、自分もあまり体験したことのない状況に、完全にテンパってしまって、間違えたんです。

110番「事故ですか事件ですか。」

僕「(いやいや何眠たいことゆうとんねん。急いで救急車呼ばなあかんねん。)いや、あの、その、救急車を。」

110番「こちら110番にかかっていますね。」

僕「えっっ。」

もうね、絶句ですわ。

こんな大事なときに、大事なことを間違える。(書きました。「センター試験」)

失敗ばっかしとんな。笑(書きました。「トマトのジュレ」)

なんとも間抜けなことに、その間に他の方が救急車を正しく呼んでくださったようです。

後から警察から逆に電話かかってきましたわ。

無事に救急車呼べましたか、って。笑

完全に戦力外ですね。

無駄どころか足を引っ張る私。

あとはもう無事を祈ることしかできなくなりました。

次に生かします。

この時に、学びが3つありました。

・矜恃(きょうじ)とは、どういうものか。

・焦ると失敗する。(書きました。「焦る 急ぐ 早くする」)

・非常時には当事者と野次馬にわかれる。

3つ目なんですが、やりとりの中で気付いたんです。

見事に、当事者と野次馬の間で線が引かれるんです。

綺麗な二重丸みたいに。

僕には2つのグループの間に太い白線が見えましたわ。

こういう時に当事者側として動ける人間でありたいと思います。

真空チャンバー・溶接・機械加工のご依頼はステンレスジョイント株式会社へ。

ステンレスへの愛が止まらない方はtodoroへ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事