ものづくりに愛を。Love for Manufacture.

ささいなこと

まあ、ありますよね。とるに足らないこと。些末なこと。ただし、自分にとってはささいなことでも、相手にとっては、とても大事なことかもしれません。気をつけています。自分にはその価値がわから…

詳細を見る

お母さんの「敏感期」

相良敦子さんによる、イタリアの教育学者マリア・モンテッソーリの幼児教育について書かれた本です。なんや、お父ちゃんは関係ないんかい、という人もちょっと待ってください。相良さんから配慮の言葉が、ちゃんと書いてあります。…

詳細を見る

なめられたらいい

自分は2009年に、この業界に入りました。製造業?金属加工業?製缶溶接業?機械加工業界?真空業界?どの言い方が正しいんかわかりませんけど。笑いわゆる社長の息子として入社したわ…

詳細を見る

潮騒

いつ読んだか忘れました。少なくとも2014年以前です。三島由紀夫さんの本は、変幻自在というか、読む本ごとに同じ著者とは思えない読み心地があります。なんかの本で本人書かれてましたけど、タッチというか、そういう…

詳細を見る

金属の亡者

金の亡者、ってゆうたら、金銭に対する執念にとりつかれている者のことですね。(出典:大辞林)自分は、言うなれば金属の亡者かな、と。笑確かに執着してます。2013年くらいかそこらのときに、知り合…

詳細を見る

さまよう刃

東野圭吾さんの名作ですね。おそらく読んだの2009年やったと思います。東野さんの作品は学生のときにハマって、図書館4軒ハシゴして、片っ端から読んだんです。(書きました。「How to win friends and…

詳細を見る

良いものを長く

って、なんか日本らしくないですか。良いものを買って、修理しながら長く使う。美談として解釈すると、ええ話やなあと思う人は多いけど、自分のこととなると、手間になったり、お金かかることはようやらん、という人も多いと思いま…

詳細を見る

先生

先生と呼ばれる業種って、けっこうありますよね。教員、教官、教授、指導員、医師、師範、弁護士、税理士、会計士、社労士、などなど。共通するのって、やっぱり、教え導くということやと思うんです。教師…

詳細を見る

花金と糞金(くそきん)

えらい綺麗なもんと汚いもんが並んでますね。笑花金って言いますよね。え、言わない?すみません、おいくつですか?笑花に金ですからね。なんと綺麗な言葉。花の金曜日ですわな。…

詳細を見る

看護師ですから

いや。僕ちゃいますよ。僕は看護師ちゃいます。しがない町工場のおっさんです。笑こんなことがあったんです。下の子が生まれる前の話です。嫁はんと娘の3人で、ショッピングモールに買い…

詳細を見る

Todoro

Stainlessjoint

https://www.stainlessjoint.jp

アーカイブ archives